歯周病は歯の問題だけじゃない!【予防のために歯医者へ行こう】

歯周病に気をつけよう

日本には歯周病患者が多く、35歳以上の人の約8割にも及ぶ人が歯周病になっていると言われているくらいです。放っておくと、骨が溶けるだけでなく歯も抜けてしまいます。また、歯周病菌が血液を通して他の臓器にも運ばれてしまうと、全身に影響を及ぼしてしまう怖い病気です。

全身疾患との関係性

糖尿病

インスリンという、血糖を下げるホルモンが低下することで高血糖状態が続くのが糖尿病です。糖尿病患者の人は、歯周病にかかるリスクが健康な人よりも高いだけでなく、進行しやすくなります。

早産・低体重児出産

妊婦が歯周病になってしまうと、炎症性物質や毒素によって胎盤が刺激されることがあります。刺激を受けると、赤ちゃんが成長するのに影響が出ますし、早産や低体重児出産のリスクが高まってしまいます。

誤嚥性肺炎

飲み込む力が弱まっている高齢者は、食べ物が気道に入ってしまうことがあります。歯周病にかかっていると、そのときに歯周病菌が気管支や肺に感染するため、誤嚥性肺炎になってしまうのです。

心臓疾患

細菌が血液に入り込み、心臓の血管にも影響を与えると感染性心内膜炎などの病気を発症する恐れがあります。また、歯周病の進行が進んでいるほど、発症する可能性が高まります。

骨粗鬆症

歯周病によって、歯槽骨が弱くなってしまうと、歯周組織の破壊が進行すると言われています。また、骨粗鬆症にかかっている人は骨がもろくなっていて、歯周組織にも影響を与える可能性があるため、歯周病を進行させる要因にもなっているのです。

歯周病は歯の問題だけじゃない!【予防のために歯医者へ行こう】

治療

口臭の原因にもなる

口が臭うのにはいくつか原因があるのですが、歯周病によって口臭がひどくなる場合があります。歯茎が下がることで歯周ポケットに汚れや菌が溜まりやすくなり、それが口臭へと繋がってしまうのです。

早期発見のためには定期検診が大切

歯周病は痛みなどの初期症状がほとんどなく、いつの間にか進行しているので気付いたときには、重症化していることもあります。それを防ぐためには、日頃のケアだけなく歯医者で定期検診を受けるのが重要です。せんげん台や松戸にも予防歯科に特化した歯医者がいくつもあるので、歯の健康を守るためにも、受診するといいですね。

異常を感じたらすぐに歯医者へ

歯磨きをしているときに出血したり、歯がグラグラしていたりするようなら、歯周病の可能性があります。異常を見つけたら放置せずに、すぐに歯科で診てもらいましょう。

広告募集中